生ビールとは?

生一丁!

お店でよく聞かれる言葉ですが、そもそも生ビールの生ってどういう意味がご存知ですか?

生ビールとの生とは熱処理を加えていないビールのことを言います。

普通、ビールが微生物によって劣化することを防ぐために熱処理をするのが当たり前だったのが、近年になってビール製造工場の向上により濾過ぎじゅつや微生物管理が良くなったので日本においては比熱処理の生ビールが多くなっているのです。

ビールを作るには大麦の麦芽をアルコール発酵させるのですが、この酵母を放置してしまうと、ビールの糖分と結びついてアルコールと炭酸ガスに変化します。

そしてビールの糖分がなくなると発酵はできなくなり酵母やかすはビールに残ってしまいます。

なので、以前はできあがったビールを瞬間的に熱を加えさっきして酵母菌を消滅させ、ビールの品質を保っていました。

ですが、「生」ビールはこの加熱処理を加えていないビールというわけです。

近年のビールは熱処理をしない代わりに、ろ過処理をして酵母を取り除いて生ビールの味わいを保護しています。

そのようにしてできたビールを日本では生ビールと言っているのです。

やっぱり生が一番だなぁ なんていいながら飲む人がいますが、生と普通のビールの違いを知っているか今度聞いてみる様にしてみてください。

おそらく、そういう人たちは上記の理由は全く知らず、ただ新鮮でオイシイグレードが高いビールのことを生ビールといっているだけかもしれませんので。。

なので、生ビールの本当の意味を知っている人は、製法が違うだけということを知っていますから、かっこつけなくてもいいわけです。

安いビールを選んで自分らしく生きらえることができますし、より自由を味わいながらお酒をたしなむことができでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です