生チョコレートとは?

チョコレートって美味しいですよね。
おいしければそれでいいんですが、生チョコレートってなんか響きがいいし、高級な感じがするんですが、具体的には何がちがうんでしょうか?
その辺のことをすこし掘り下げてみましょう。
簡単にいうと普通のチョコレートはココアパウダーやカカオマスに砂糖と粉乳を混ぜて固めたもので、生チョコレートとはチョコレートの生地にクリームを10%以上を練り込んだチョコのことをいいます。
日本にある公正取引委員会認定の「チョコレート類の表示に関する公正競争規約」では、全重量につきチョコレート生地が60%以上で、クリームと水分がそれぞれ10%以上あるものが生チョコレートに分類されるとのことです。
こういう定義を知っておくと、友達からも一目置かれるかもしれませんので、ぜひ覚えておきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です