ルアンルアンの生せっけんとは?

生せっけんと言えば、ルアンルアン。

 

100303

 

わたしもいろいろ調べてみましたが、生せっけんで一番オシャレでかわいく、使用感も最高で美白が期待できるのは今のところルアンルアンだけですね。

専用ネットに石けんを少しつけ、水を加えてくしゃくしゃすると、モチモチした生クリームのような洗顔クリームが出来上がります。

このクリームには美白効果・ニキビ改善効果・アロマ効果があり、且つ身体に悪い副作用の出る成分は何も使われていません。

なので、安心して使えますし、本当につかいたくなる要素がたくさんあります。

値段もとてもリーズナブルなのがいいと思います。

普通、ここまで独創的なアイテムなら、思い切って高額な値段設定にして一目置かすようにできるとも思うんですが、1ヶ月2000円~3000円くらいなので、ちょっと背伸びをすれば誰でも購入できてしまうようなものです。

それでいて可愛いデザインになっているので、オシャレな女子からすれば手を出したくない理由がありません。

私は鬼のようにリサーチした結果、もっと安いキャンペーンサイトを見つけたので、たった600円でルアンルアンを始められました。

使いだしてから生石けんパックで気持ちが良くなりましたし、香りもアロマ効果でリラックスできるようになり本当に助かっています。

デメリットを上げるとしたら、生クリームを作るまでに何回かやらないと慣れないというくらいだと思います。

慣れてしまえば、歯を磨くように当たり前のようにできるようになるのでいいんですが、それまではちょっと面倒くさい感じがしたり、思うような量のクリームせっけんを作れないかもしれません。

不満点はそれだけなので、オシャレに美白効果をもたせたせっけんをしたいならルアンルアン生石けんがお勧めです。

参考サイト→ ルアンルアンの口コミと最安値

『生』せっけんとは?

100303

生せっけんという言葉が定着し始めていますが、まだ知らない方もいますので、こちらでは簡単に生せっけんを説明します。

生せっけんとは、なにか法的なカテゴリーに収まるちゃんとした名前ではなくて、ネーミングとしての発案で付けられている便宜上の名称なので何か基準があるわけではありません。

たとえば、生せっけんブランドで一番有名なルアンルアンでは生せっけんの特徴についてこう概要しています。

きめ細かい泡が特徴で毛穴のサイズよりも小さいキメをもち、生クリームのようにモチモチしてコシがある泡洗顔ができます。

こういう説明を聞いただけで一度は使ってみたい!となると思うんですけど、こういう可愛くておしゃれな、またおいしそうなイメージを与えてくれるのが生せっけんです。

また普通の固形のせっけんの70倍もの保湿力があるのも生せっけんの特徴です。

保湿成分が全体の半分近くを占めますので、お肌に良いわけですね。

そして体には使いたくない防腐剤や合成着色料やエタノール、アルコール、合成界面活性剤などは使わずに植物性由来のものだけを使っているので敏感肌の人にとても良い製品になります。

私も使ってみて思いましたが、石鹼に対するイメージが変わってしまいました。

優しい成分でお肌が喜んで切るのがよくわかりますし、不必要な皮脂だけを取り除いて、洗った後でも化粧水をわすれるくらいしっとり感が残ります。

こういうせっけんを生せっけんと呼ぶのはとても似合っていると思いました。

アイテムとしてもとても可愛いので、オシャレな女子にはとても受け入れやすい化粧品類かなと感じました。

今ならキャンペーンサイトが開かれていて通常3000円ほどかかってしまうものが600円で購入できるチャンスなので、一度試してみるには絶好の時でしょう。

生ビールとは?

生一丁!

お店でよく聞かれる言葉ですが、そもそも生ビールの生ってどういう意味がご存知ですか?

生ビールとの生とは熱処理を加えていないビールのことを言います。

普通、ビールが微生物によって劣化することを防ぐために熱処理をするのが当たり前だったのが、近年になってビール製造工場の向上により濾過ぎじゅつや微生物管理が良くなったので日本においては比熱処理の生ビールが多くなっているのです。

ビールを作るには大麦の麦芽をアルコール発酵させるのですが、この酵母を放置してしまうと、ビールの糖分と結びついてアルコールと炭酸ガスに変化します。

そしてビールの糖分がなくなると発酵はできなくなり酵母やかすはビールに残ってしまいます。

なので、以前はできあがったビールを瞬間的に熱を加えさっきして酵母菌を消滅させ、ビールの品質を保っていました。

ですが、「生」ビールはこの加熱処理を加えていないビールというわけです。

近年のビールは熱処理をしない代わりに、ろ過処理をして酵母を取り除いて生ビールの味わいを保護しています。

そのようにしてできたビールを日本では生ビールと言っているのです。

やっぱり生が一番だなぁ なんていいながら飲む人がいますが、生と普通のビールの違いを知っているか今度聞いてみる様にしてみてください。

おそらく、そういう人たちは上記の理由は全く知らず、ただ新鮮でオイシイグレードが高いビールのことを生ビールといっているだけかもしれませんので。。

なので、生ビールの本当の意味を知っている人は、製法が違うだけということを知っていますから、かっこつけなくてもいいわけです。

安いビールを選んで自分らしく生きらえることができますし、より自由を味わいながらお酒をたしなむことができでしょう。

生チョコレートとは?

チョコレートって美味しいですよね。
おいしければそれでいいんですが、生チョコレートってなんか響きがいいし、高級な感じがするんですが、具体的には何がちがうんでしょうか?
その辺のことをすこし掘り下げてみましょう。
簡単にいうと普通のチョコレートはココアパウダーやカカオマスに砂糖と粉乳を混ぜて固めたもので、生チョコレートとはチョコレートの生地にクリームを10%以上を練り込んだチョコのことをいいます。
日本にある公正取引委員会認定の「チョコレート類の表示に関する公正競争規約」では、全重量につきチョコレート生地が60%以上で、クリームと水分がそれぞれ10%以上あるものが生チョコレートに分類されるとのことです。
こういう定義を知っておくと、友達からも一目置かれるかもしれませんので、ぜひ覚えておきましょう!

『生』レモンスカッシュとは?

先日、コメダ珈琲というオシャレな喫茶店に友達とみんなでお茶をしに行きました。

みんなは普通にコーヒーとかを頼んだんですけど、わたしだけ違うものを注文しました。

それが生レモンスカッシュだったんです。

メニューに「レモンスカッシュ」とだけ書いてあったら何も魅力を感じずにスルーしていたと思いますが、
『生』レモンスカッシュとあったので一気に心を奪われてしまいました。

どんな飲み物なんだろう?とわくわくしながら久しぶりに注文したのを覚えています。

で、来てみたものを見たら、なかなか可愛い姿見でした。

靴の形をしたグラスコップにレモンを少し集めに輪切りしたものが入っていて、氷の他にレモンの果肉もたくさん入っていました。

程よいすっぱさをかんじさせ、ただ単にレモンスカッシュしていたわけではありませんでした。

安っぽくなく、だからといって高すぎるわけでもなく、ちょうど良いクオリティのレモンスカッシュでした。

夏の時期にはとてもおいしく飲みやすいと思いますのでお勧めです。

これだったら、メロンスカッシュやイチゴスカッシュも作れるんじゃないかと思ったので、ぜひ実現していただきたいです。

ちなみに、トムとジェリーにかけた飲むとゼリーとかいうカフェオレの飲み物もの新登場していたので注文してみたのですが、こちらはあまりおいしくいただけませんでした。

まず、生クリームが甘すぎ、そしてカフェオレは薄味で中途半端な味、そして量も少なくあっという間になくなり、細かいゼリーがグラスに残り、何とも味わいにくいものでした。

これはきっと消えるメニューになるでしょう。

何はともあれ、生レモンスカッシュは美味しいのでお勧めですよ!